狩猟装備

猟銃の負革(スリング)のオススメは革製スリング!布製はダメだった・・・。

前回、猟銃に負革(スリング)を取り付けるためのパーツ「負環」のレビューをしました。

上下二連散弾銃に負革(スリング)を取り付けるための負環を取り付ける

続きを見る

今回は、負革(スリング)についてのレビューです。

結論から先に書くと、スリングは布製ではなく革製の方が圧倒的に使いやすいです!

僕は最初に布製のスリングを買った後に革製のスリングに交換しました。
今回はそれぞれのスリングの比較をしながら紹介します。

布製スリングはねじねじ絡まる!

僕が最初に買ったのが、こちらのTourbonの綿と本革のスリング。

価格も手頃で、スリングの幅も広く、重たい猟銃を持ってもかなり快適でした。

 

しかし、しばらく使ってみてわかったのが、無駄にねじれること!

鉄砲との接続箇所がこんなふうにねじれてしまいます。
何度直そうとも、このねじれは解消されませんでした。

多分、持ち歩く振動で接合部分が回り、ねじれが発生しているんだと思います。

このねじれさえなければ見た目も使い勝手も最高なので、サバゲーとか短時間で使う分には良いと思います。
しかし、僕は半日くらい山を歩くことを想定しているので、別のスリングを購入することにしました。

 

革製スリングはねじれもなくて快適!

次に買ったのが、同じTourbon製の本革スリング。

値段も安く、レビューも良かったのが購入の決め手でした。
先に買った布製スリングもモノ自体は良かったので、同じメーカーので統一してみました。

実際に取り付けてみると、布製のようなねじれが起こりません!
革自体に剛性があるので、ねじれる手前でしっかりと耐えてくれる感じです!

革の裏にも滑り止め素材が入っているので、持ち歩きにも苦になりませんね。

 

一つだけデメリットがあるとすれば、革製スリングは布製スリングよりも長さの調整ができないところかな。
まあ、そのへんはたすき掛けするときにちょっと窮屈になるくらいなので、そんなにストレスはないですね。

まとめ

今後、スリングを購入するハンターの方には革製がオススメというのが僕の意見です!

今回紹介したもの以外にも、鉄砲用のスリングっていろいろ種類があるので、ぜひ最適な一本を探してみてください!

(関連記事)

  • この記事を書いた人
シオ

シオ

1990年生まれ。 ノマドに生きるハンター。 ガジェット、カメラ、アウトドア、バイクが趣味。 ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 第一種猟銃免許/わな猟免許所持。

-狩猟装備

Copyright© ノマドハンター , 2019 All Rights Reserved.