ノマド ライフハック

【詐欺まがい商法】Iasis(イアシス)の無料体験会場に潜入してレポートと考察

ある日、私の祖父が「高額な家庭用電位治療器を買おうと思う」といい出しました。

その額は、なんと150万円!

話を聞くと、夏頃から3ヶ月無料体験に通って実際に器具を使って見たら、体の痛みが取れたから購入したくなったとのこと。

 

この記事では、実際に業者のセミナー会場に潜入し、その体験を元に詐欺まがいの手法で老人をターゲットに健康器具を販売している業者を紹介しています。

同じように身内が近所の無料体験に通われている方などの参考になれば幸いです。

 

イアシスってどんな会社なの?

イアシスについて調べてみたところ、正式名称は「イアシス倶楽部」という名前でフルライフ株式会社が運営する組織のようです。

社長は鈴木優輔氏で、コスモヘルス株式会社と言う会社の代表取締役にも就かれています。
また、グループ(コスモグループ)連結で資本金1億円、売上高87億円、従業員数250名と言う中々の会社の様です。

そして、イアシス倶楽部の主な販売製品は電位治療器や通電シート、O2チェアなどの健康器具を販売しています。

電位治療器とは何か?

そもそも、「電位治療器」とは何なのでしょうか?

調べてみると、電位治療器とは

家庭用電気治療器の一つである電位治療器は、身体に対して「押す」「もむ」などの物理的な力を与えるものではなく、人体を交流又は直流電界に置くか、絶縁状態に置いて電位を与えて治療する家庭用の機器をいい、「頭痛」「肩こり」「不眠症」及び「慢性便秘」の緩解を目的とする、家庭用医療機器である。
出典)日本ホームヘルス機器協会

とあり、要は「電気的な力で体調を治す機械」とのこと。

一応、国が効果を認めた医療機器のようですが、認められている効果は「頭痛」「肩こり」「不眠症」及び「慢性便秘」のみで、それ以外の効果については認められていません。

しかし、機器販売業者の中には「なんでも治ります!」「○○さんは認知症が治りましたよ!」など、体験談という形であたかも認められたもの以外の治療にも効果があるように宣伝をし、押し売りをするというトラブルも多いようです。

イアシスの評判・口コミ

イアシスの評判をネットで調べても、購買層がネットを使わない老人だということでほとんど見つかりません。

そんな中、Yahoo!知恵袋にはたくさんの情報がありました。

 

質問の内容は「購入したけど、効果がない」「スーパーにできた施設が怪しい」といった内容がほとんどでした。

そしてどの質問も、「詐欺です」「やめたほうが良い」「肩こりなどにしか効かない」というベストアンサーになっていました。

また、2013年には電位治療器の販売会社が景品表示法違反にあたるという報道がNHKでされています。

「糖尿病が完全に治る」などと、実際にはない効果を口頭で説明し、誇大に売り込んでいたとして、消費者庁は、東京の医療機器販売会社に再発防止を命じました。

誇大な"セールストーク" 違法と判断 | 健康 | NHK生活情報ブログ:NHK

 

イアシスやフィットットの商法手法を解説

続いて、イアシスやフィットットなどの電位治療器などの健康器具を販売する業者の手法について紹介します。

なぜかこれらの健康器具販売組織にはお決まりのパターンがあります。

 

1.スーパーの駐車場などの人が集まる場所にプレハブを作る

まず、ある日突然スーパーなどの人が集まる駐車場に健康器具販売業者のプレハブができます。

なぜスーパーかというと、スーパー側も老人が帰りのついでに商品を買ったりしてくれるので、両方の業者が共存できるからでしょう。

 

2.プレハブで無料体験を謳い体験講習をする

そして、主に老人や主婦層をターゲットにし、無料で体験や粗品を配ったりして人を呼び、面白いジョークを交えながら講義や体験をさせます。

 

3.体験講習では健康に過ごすための講義を行い客を教育する

狭いプレハブの中には商品とスライドやホワイトボードがあり、学校の授業のように講義を行います。
講義をするスタッフはとても親切で、トークは芸人並に面白く、老人の話もとても親身に聞いてくれます。
そうして仲良くなった参加者、友達を紹介するようにお願いします。

 

4.数ヶ月でその場所から撤退する

ある程度参加者が増えたところで(だいたい3ヶ月ほどで)

「商品が売れなければこの場所から撤退する」
「これ以上新しい参加者が増えなければ、本社から別の場所に移れと命令がきた」

などという理由で高額な商品の購入をせまります。
ただし、この場合も押し売りにならないようにあくまでも「撤退するからもう買えなくなるよ」と言うのみです。

そして、数ヶ月で別の場所に跡形もなく移転してしまいます。

 

このようなパターンがこの手の業者のお決まりの手口です。
現れて数ヶ月で消えていくので、家族も気づきにくいという特徴があります。

会場に潜入レポート

ここからは私が実際にイアシスの会場に潜入してきたのでそのレポートです。

会場の中は怪しいセミナー会場のような雰囲気

会場に入ると狭い部屋に40個ほどの椅子と、今回無料体験をする電位治療器「RS-14000」が置かれていました。

これが80万円もする医療器具とは思えないコンパクトさです。

座って正面の壁にはホワイトボードとプロジェクターがありました。

そして、それ以外の空いた壁にも、数々の張り紙があり、よくある質問や、品薄であることやスタッフの自己紹介などが告知されていました。

スタッフの自己紹介では、大きな字で「元オリンピック代表候補」「元プロ野球選手」と言うことが書かれてます。

プロスポーツ選手の体のメンテナンスをする元トレーナーならともかく、プロスポーツ選手が健康について語ってもあまり説得力がない気がするのですが、老人たちはあまり気にしていない様子です。

 

プロのスポーツ選手として頑張ってきた人が、老人相手に高額商材を販売する仕事をしているのかと考えると、社会の厳しさを感じますね。。。

 

全員が中に入り着席すると、スタッフが電位治療器「RS-14000」の電源をいれるように指示をしてきました。
操作はボタンを2回押すだけなのでとても簡単でした。

そうして、マイクをつけたスタッフが前に立ち、元気な大きな声で話し始めました。
元プロスポーツ選手というだけあって、とてもがっしりとした体型の好青年です。

 

スタッフ
それでは皆さん!今日も挨拶から始めていきたいと思います!
それでは皆さん!おはようございます!

 

スタッフ
この会場は、今目の前にある治療器、イアシスの宣伝・PRをしている会場です!

そして私たちの使命は、イアシスを通じて全ての人に最高の笑顔と最高の感動を提供することです!

ですので、最後まで無料でお試しができます!必要な方には販売していますが、こちらから無理な販売や押し売りはありませんので、ご安心してご来場ください!

このように、最初に無理な押し売りなどをしないことを強調して説明していました。
いわゆる押し売りや催眠商法とは違い公平な商品だということを強調することで信用してもらう手法のようです。

 

プロジェクターのスライドを使い、ハキハキした声でスタッフは話を続けます。

スタッフ
「この会場に初めて来たよ」って方はいらっしゃいますでしょうか!?

私は手をあげました。

スタッフ
おひとりいらっしゃいました!!!ようこそ!!皆さん!拍手で歓迎しましょう!!!拍手ー!!!

会場は大きな拍手で包まれました。スタッフはタンバリンまで使って、大きな音を出して大はしゃぎしています。

恥ずかしいからやめてほしいです・・・

スタッフ
はい!帰りは三段跳びでぴょんぴょこぴょんで帰れますので、楽しんでいってくださいね!!!

 

スタッフ
〇〇さんのお孫さんですよね!〇〇さん!お孫さん連れて来てくれたの!!ありがとう!!!

今日の宣伝部長の〇〇さんにはみなさん!さらに大きな拍手を!!!

 

ジョークを交えた口調で、会場を先導し、会場はさらに大きな拍手に包まれました。

毎回、こうやって新しい人を連れて来ると連れてきた人を褒め称えているようです。普段褒められることがほとんどない老人にとって、これは嬉しい体験なのでしょうね。

スタッフ
この会場はこうして誘ってくださる方がいて初めて成り立っています!宣伝部長は今日は効き目が5倍ですから、楽しみにやってみてください!!!

などと、またもジョークを交えながら流れるように話が進んでいきます。
ここまでの話の持っていき方や、会場の興味の引かせ方など、このスタッフたちは相当「うまい」です。

私もたまにIT系の講演などで喋ることがあるのですが、ここまで喋れるのは相当の練習や研修を積んでいないとできないことです。

スタッフ
今みなさんにお試しいただいているのは健康器具ではありません!国から認められた、認定医療機器です!

さらに、前の方の2席は特別席でして、電子の治療に合わせて温熱での治療も行っております!

スタッフが参加者に呼びかけます。

スタッフ
簡単に説明すると、みなさん、お湯とお水だとどちらが汚れが取れやすいですか?

参加者
「「「お湯ー!」」」

スタッフ
そう、お湯ですよね!血液も同じでして、温めながら電子を入れてあげると血液の汚れが落ちやすくなるんです!!

血液の汚れってなんなんでしょうね?

頭の弱い人にわかりやすく説明するための比喩表現なのかもしれませんが、胡散臭過ぎるんですが・・・

ちなみに私はその特別席に座っていましたが、背もたれにヒーターがあるらしく、背中が温かかったです。
うん、要はヒートシート付きの椅子ですよね。え?コレに数万円かかるの?5000円も出せばいいシートヒーター買えますよ?

 

こんな感じで、本格的に目の前のスライドを使ったセミナーが始まりました。
セミナー内容は、主に健康に関するお話でした。

最初の前口上の通り、売り込みなどは一切なかったです。ちゃんと有言実行しています。

 

ただし、直接的に「買ってください」という訳ではなく、参加者の健康意識を触発させ、危機感を煽ることで、「製品を買わないと健康になれない」と認識させることがこのセミナーの狙いのようです。

なるほど。たしかに押し売りとは違いますし、参加者が自発的に危機感を感じて製品を購入するわけですから、クーリングオフも適応できません。

シオ
商法としてギリギリ合法で合理的な、非常に狡猾な手法ですね

 

セミナー内容はデタラメで詐欺師のようだった

セミナー内容は「健康に気をつけましょう」という内容が主で、テーマとしては問題ありませんでした。

しかし、「いかにして健康な体を維持していくのか」という部分での実例として出したデモストレーションは問題が大有り。

嘘八百な内容でした。
詐欺師がよく使う手口を使っていたのでここで紹介しておきます。

浄水器詐欺の実験商法

イアシスでは約60万円相当の「Aqua Rich II」という高級浄水器も販売しています。

 

セミナーはこの「アクアリッチ」のデモストレーションをする流れになりました。

 

スタッフ
それでは、この浄水器のご紹介をしたいのですが、その前に皆さんが普段飲んでいる水がどれだけのどれだけの不純物が含まれているかを、目に見える形でお見せしたいと思います!

どなたか今日家からお水持ってきている方はいらっしゃいますか?

 

前の方に座っていたおばあさんがペットボトルに入った水を手渡しました。

 

スタッフ
ありがとうございます!

それではね、このお水にどれくらい不純物が入っているかを目に見える形にするために、電気分解をしてみようと思います!

 

そう行って、スタッフはおばあさんからもらった水と、浄水器を通した水の入ったコップに2本の鉄の棒がコンセントにつながった機器を水に浸して、数分放置しました。

そう、小学生が理科の実験でやるような電気分解の実験です。

 

数分後、水の入ったコップは薄茶色に変色し、ヘドロのような固形物も浮かんだ液体に変わっていました。

 

スタッフ
どうですか!これ、ただ電気分解して、目に見えるようにしただけで別に何も入れていないんですよ!

でも、知らず知らずのうちにみなさんはこの汚い水と同じものを飲んでいるんです!!

スタッフ
こんなお水を毎日飲んでいて健康になると思いますか?ならないですよね。

 

スタッフ
ちなみに、この浄水器を通した水は、電気分解してもこの通り綺麗なままです!

 

浄水器を通した水は、電気分解する前と同じ状態で、確かに綺麗です。

 

スタッフ
これは、水の中の不純物が浄水器で一切取り除かれているからこんなに綺麗なんです!

 

とスタッフは得意気。

この結果に参加者からは

参加者
うわぁ・・・こわいわぁ・・・

という声が漏れていました。

 

 

さて、ここでネタバラシ。

この手法は浄水器の訪問営業でよく行われる手口です。

 

鹿児島県が公開している消費者トラブル相談例から引用します。

相談例2. 浄水器の販売業者が自宅を訪れ,「水道水の水質を検査する」と言って,水道水の入ったコップに機器を入れたところ,しばらくして泡が出て,その後濁り,ドロドロとしたものが発生して沈殿した。また,業者が販売している浄水器に水道水を通した後で同じ実験をしたところ,泡やドロドロしたものは発生しなかった。業者は「水質が悪い。こんな水を飲んでいると病気になる」と浄水器の購入を勧めた。不安になったので契約してしまったが,あの実験は本当だろうか?(50歳代 女性)
(アドバイス)
化学的な実験めいたことを見せて「この商品を買わないと安全性に問題がある」などと不安をあおり,効果的な裏付けがあるように思わせて商品を売りつける商法を「実験商法」といいます。
 相談事例2の場合,まず,泡については,コップに入れた機器に電極があり,水が水素と酸素に分解され気泡が発生したものと思われます。また,ドロドロとした沈殿物については,電極に用いられている金属自体が溶け出たもので,水道水に含まれていたものではないと考えられます。水道水はミネラル分を含むため電気を通しやすく電気分解されますが,浄水器を通した水道水はミネラル分が除去されため電気分解がおこらず,同じ実験をしても泡や沈殿物が発生しなかったものと考えられます。
 いずれの事例も正常な水道水なら必ず起こる現象ですので,実験に惑わされないことが大切です。

 

つまり、実験結果の水の汚れは水道水に元から含まれていたものではなく、差し込んだ電極の金属が溶け出たものだということです。

知らなければ騙されかねませんね。

 

化学反応のミスリード

また、セミナーの話は「添加物が体にいかに悪いものなのか」の話になりました。

 

スタッフ
それでは、添加物がいかに体に悪いものなのかをわかりやすくするために、誰か汚れた10円玉を貸していただけませんか?

 

そう言ってスタッフはまた参加者から汚れた10円玉を借りて、ケチャップとマヨネーズに付けました。

さっきもそうですが、こうやって参加者からモノを借りるのは観客を欺くマジシャンがよくやりますよね。

 

数分後。

 

スタッフ
はい、それではみてください!ケチャップとマヨネーズには添加物がたくさん入っているのでたくさん入っているので、10円玉の汚れもこのように溶かしちゃうんです!

 

スタッフの手には綺麗になった10円玉がありました。

 

スタッフ
これは別に磨いたりしてないんですよ。ただ、マヨネーズにつけておいただけ!

スタッフ
金属も溶かしてしまうものを体に入れて良いと思いますか?

 

参加者
「「「ダメー!」」」

スタッフ
そう、ダメですよねー

こう語るスタッフはまたもや得意気。

 

10円玉の汚れのサビは酸化銅です。その酸化銅が調味料に含まれる酢酸と反応して、水に溶けやすく化学変化を起こします。

CuO+2CH3CO2H ⇒ Cu(CH3CO2)+H2O

自由研究!10円玉をきれいにする方法の結果と考察・まとめ方

 

つまり、酸性の溶液なら汚れの原因の酸化銅は化学反応を起こし、別の物質に変わるので10円玉は綺麗になるのです。

シオ
食品添加物が金属を溶かす?何言ってんだこいつは

 

健康のためをうたうが、実は不安を煽るセミナー

このように、セミナーの中では事実をミスリードさせる言いぶりで、不安を煽る内容が多数登場しました。

他にも

「薬は石油からできているので体に悪い」

「ミネラルは鍾乳石の元なので体に悪い」

などということも言っていました。

 

 

こうして、最終的には「健康になるためにうちの製品を買いましょう」という流れに意識が向かうように仕向けるていました。

これのキモは、決して直接的に「買ってください」とは言わないことです。

 

「この製品を買わないと健康になれませんよ」
ということを実験をしながら不安を煽り、隠喩的に伝えています。

 

そうすることで、クーリングオフの対象から外れ、返品させないことが目的なのでしょう。

かなり巧みですよね。

 

イアシスセミナーのまとめ

以上がイアシスのセミナー会場で行われていることの実態です。

電位治療器の良し悪しは私にはわかりませんでしたが、詐欺師と同じ手法でトークをしている時点で、は詐欺まがいな商法だと判断しました。

シオ
嘘やミスリードを誘って製品を買わせようとするなんて論外です

 

しかし、実際にセミナーに参加してみて感じたのは、「予備知識がなければ製品が欲しくなることは間違いない」ということです。
スタッフの話も面白いし、言っていることも真実味があるので、私も予備知識がなければ、製品を欲しくなったと思います。やはり相手はプロですね。

ちなみに、電位治療器を実際にセミナーの間試していたわけですが、私はセミナーの前よりも肩こりがひどくなったように感じました(笑)

 

もし、セミナー会場に行くなら、予備知識を勉強した上で行くか、聞いたことをネットで調べるなりした方が良いでしょう。この

もし、そういった事前に調べたり、本を読んだりができないような状況なら、行くべきではありません。
きっとスタッフの言葉を盲信してしまう事でしょう。それだけ、洗練されたプレゼンでした。

一度購入してしまえば、おそらく返品は難しいと思われます。
よくよくお考えの上でご検討ください。

 

 

消費者生活センターに聞いてみた

 

こういった詐欺や詐欺まがいの商法の情報を持っているであろう「消費生活センター」に電話で問い合わせて見ました。

Q1.無料体験などで高額商品を買うトラブルは多いのでしょうか?

 

A.消費者センターでは、トラブルの電話しかお受けしないので、そういった商法が悪いと断定はできませんが、やはり、「無料体験で気に入って買ったけど使わなかった」「体験談で良いと聞いて買ったけど、私には効かなかった」といった健康機器や健康食品に関する相談はよくあります。

 

やはり相談やトラブルは多いとのことです。特に一人暮らしの老人は最近ターゲットにされやすいとのこと。

 

Q2.万が一、購入した場合、クーリングオフなどはできるのでしょうか?

 

A.クーリングオフは、訪問販売など突然やって来て購入をせまるケースに適応される制度です。
今回の場合、何ヶ月も通って自らの意思で購入されるわけですから、買ってしまった場合はクーリングオフは難しいと思います。

もしこれが、1日限りの無料セミナーだったり、お爺様が認知症を患っていて、成年後見制度を利用しているというのであれば、話は別ですが・・・

 

私はクーリングオフは「騙されて買わされたものに適応できる」と勝手に解釈していたのですが、そうではなかったんですね。
今回のように何回も通って購入してしまった場合はクーリングオフは適応できないようです。

企業はその穴を狙って、ステルスなセールスを行なっているということですね。うーん、ずる賢い。

 

Q3.では、もし購入してしまって後悔した場合は、もう泣き寝入りしかないのでしょうか?

 

A.ケースバイケースです。

実際、相談をいただいた方でも、ひとまず企業側とお話はするのですが、そのあとは企業の対応次第になります。

これは、今回の場合だけでなく、企業側が嘘をついて完全に企業側が悪いとしても同じです。
どんなにこちらが正論を言っても、企業側が返金に応じる姿勢を示さない限り、すぐにはお金は返って来ません。

なので、どうぞ慎重にご検討されてください。

 

 

企業が完全にクロだという証拠が揃っている場合でも、企業が認めなければ返金は難しいそうです。

もしその場合は、司法や警察に頼る必要があるので、さらに手間が増えるとおっしゃっていました。

 

Q4.こういった商品を買うときの注意点を教えてください。

 

A.購入される場合は

  1. 商品の効果が本当にあるのか?(店員が言っている効能だけでなく、紙に書かれた医療機関や国から認定を受けた効能はあるのか)
  2. 体験談などで他の人には効果があっても、自分にも本当に効果があるのか。
  3. 効果があったとしても、その効果が慣れなどによって低下しないのか?
  4. 今感じている効果は、場の雰囲気などによるせいではないのか?
  5. 修理などの対応はしっかりしているか?
  6. 他に似たような製品はないのか?もっと良いものはないのか?
  7. 本当に今しか購入できないものなのか?

をよく確認されることをお勧めします。

 


 

と言った感じで、とても丁寧にお答えいただきました。

困っている方は、まず電話してみると良いと思います!

 

自分の悩みを話すだけでも、問題が明確になってよかったです!

 

高額医療機器を購入するときの注意点

 

1.その商品の効果が本当にあるのか?

 

販売員がその製品の効能をうたっていても、結局パンフレットなどにその効果が書かれていなければ、言った言わないの問題になります。

またパンフレットなどに書かれていても、それが実際に効果があることを立証したものがなければ確かとは言えませんよ。

特に、私が祖父からもらったパンフレットにはそう言った効果が書いていないわけで、もし実際に効果があるのだとしたら、パンフレットに書いてアピールしますよね。ということはその効果があるかどうかは疑わしいと言わざるを得ないですよね。

また、パンフレットなどに書いてある「医療機器製造販売届出番号」などは医療機器を製造販売するときに届け出る必要があるもので、必ずしもその製品の効果を確約するものではないそうです。

また、万が一パンフレットに効能が書いていても、嘘だった場合、お金を返金してもらえるかは企業側の対応次第なんだそうです。

 

 

2.体験談などで他の人には効果があっても、自分にも本当に効果があるのか。

 

人の体験談で「こんなに良くなった」というのはあくまでその人の主観なので、それが自分にとって効果があるかどうかはわかりません。

また、その体験談が嘘の場合や、ただの勘違いの場合もあるので、実際に「自分に効果があるかどうか」を判断基準にしましょう。

 

3.効果があったとしても、その効果が慣れなどによって低下しないのか?

 

実際に効果があったとしても、その効果が持続するかどうかはわかりませんよね。

今だけなのかもしれないし、慣れによって効果が薄まるかもしれません。

 

その効果が持続するかどうかという臨床実験のデータなどがあるか確認しましょう。
また、その臨床実験が信用できるものかの確認も必要です。

 

4.今感じている効果は、場の雰囲気などによるせいではないのか?

「人が集まっていることはそれだけでパワーなんです」

と消費生活センターの方はおっしゃっていました。

 

たくさんの人が集まっておしゃべりをして楽しい場というものは、それだけでいい気分になるものです。
もしかしたら今、祖父が感じている無料体験の効果は、そう言った場の雰囲気によって作り出されているものではないでしょうか?

 

もしそうなら、製品を買って家で一人で使っても、同じ効果を感じることはできないですよね。

 

5.修理などの対応はしっかりしているか?

もし、購入した後に、製品の不具合があった場合、修理などの対応がどうなるかをしっかり確認するべきです。

修理にいくらかかるのか、また修理そのものを受け付けているのかなどを、書面で書かれてものを確認する必要があるそうです。

 

特に今回の場合だと、間も無く今の店舗は無くなってしまうわけですから、修理の時どうなるかは不安ですよね。
また、もし修理で東京本社まで送る必要がある場合は、大きいものなので送料もバカになりませんし、精密機器なので万が一配送のときのトラブルで故障してしまった場合、配送会社のせいにされたらどうしようもないですよね。

 

なので、故障時のアフターケアについてよく確認するべきです!

 

6.他に似たような製品はないのか?もっと良いものはないのか?

医療機器なら、他の王手他社からも販売されているはずです。

それらの製品と比較して、購入を検討してからでも良いのではないでしょうか?

 

 

7.本当に今しか購入できないものなのか?

本当にその店舗がなくなる前でしか購入できないものなのかを、確認するべきです。

もし、名刺なりをもらって、そこに電話すれば通販で購入できるものなら、今決める必要はありませんよね。
じっくりと比較検討をして購入すれば良いですから。

 

もし、今しか購入できないなんていう話であれば、それは怪しいのではないでしょうか。
今の時代、通販で販売できないものを売っているなんてそうそうないはずです。

 

ご家族がセミナーに参加していたら

ご家族がセミナーにすでに参加している場合、商品を購入させないことが最も重要です!

今回の場合、商品を購入してしまった後ではクーリングオフは非常に難しいです。
なんとしても購入を阻止するためにご家族を説得しましょう。

 

ご家族を説得するためには、まずは家族みんなで相談をすることです。
その際、事前に消費者センターや弁護士などの専門家に相談をしておくとより説得力が増すでしょう。

 

また、最寄りの警察署に相談をするのも有効です。

今回の件は明確な詐欺事件などではないので、警察が検挙などに動いてくれることはないとは思いますが、警察官に相談をしてみて、どのように対処すべきか聞いてみてください。

「警察署の方にこんな事を言われたよ」と話せば、ご家族も説得に応じてくれるかもしれません。

ただし、警察署への相談は、緊急の110番ではなく警察署の電話番号でしてくださいね。110番は事件や事故などの緊急を要する電話にだけ使いましょう。

 

このように、専門家や専門機関に相談をしつつ、なんとかご家族を説得してみてください。頭ごなしに否定するよりももっと耳を傾けてくれるはずです。

 

シオ
うまくご家族を説得できることを祈っています!

 

 

  • この記事を書いた人
シオ

シオ

1990年生まれ。 ノマドに生きるハンター。 ガジェット、カメラ、アウトドア、バイクが趣味。 ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 第一種猟銃免許/わな猟免許所持。

-ノマド, ライフハック

Copyright© ノマドハンター , 2019 All Rights Reserved.