トラベル 旅の記録

羽田-バンコクANAビジネスクラス旅行記

今回の旅の最初のフライトは羽田-バンコクのANAビジネスクラスのフライトです。

普段はJALを使うことが多いので、ANAのビジネスクラスは今回がはじめて。

ワクワクしながら、ビジネスクラスラウンジと搭乗を体験してきました。

ANAビジネスクラスラウンジレビュー

羽田空港にはANAのラウンジは二ヶ所ありますが、今回僕が利用したのは110番搭乗口付近のラウンジ。

ビジネスクラスラウンジでもかなりの広さがあり、利用者も多かったですが席にはまだまだ余裕がありました。

フードは和食中心のメニュー。

特に豚の生姜焼きと特製チキンカレーが美味しかったです!

思わず2回もおかわりしちゃいました(*´∀`)笑

他にも日本酒4種類の飲み比べができたりと、かなり豪華なラウンジだと思いました。

ANAビジネスクラス搭乗レビュー

搭乗時間になったので、ビジネスクラスの優先搭乗でスムーズに乗り込み。

機内の食事メニューはこんな感じでした

いつでも一風堂のラーメンが食べれるのはいいですね!

しかし、ラウンジでたらふく食べたので、今回はシャンパンだけもらってすぐ寝ることにしました。

数時間後、朝食の時間になりました。

和食と洋食ご選べましたが、せっかくなので和食をチョイス!

ホロホロの金目鯛の煮付けと味噌汁が美味しかったです。

普段食べ慣れない料亭のような味付けで高級感がありました。

ほぼ完璧なサービスだけどシートがイマイチ

乗務員さんの接客もご飯も素晴らしいんですが、シートとアメニティはイマイチでした。

シートは隣の人との仕切りが板一枚だけで、微妙。

シートを倒したときも、フルフラットにならずに深く倒れるだけでした。

また、アメニティも普通のものばかりでしたね。

まあ、羽田-バンコクの短い距離のフライトで、そこまでのクオリティを求めるのは酷な話かもしれません。

おわりに

はじめてのANAビジネスクラスの搭乗でしたが、おおむね大満足です!

やっぱり日本の航空会社はいいですね!

接客も海外の航空会社より一歩抜き出ていると思います。

今回の旅はいろいろな航空会社を乗り継ぐのですが、果たしてANAを超える航空会社は現れるのでしょうか………。

  • この記事を書いた人
シオ

シオ

1990年生まれ。 ノマドに生きるハンター。 ガジェット、カメラ、アウトドア、バイクが趣味。 ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 第一種猟銃免許/わな猟免許所持。

-トラベル, 旅の記録

Copyright© ノマドハンター , 2019 All Rights Reserved.